flowing KARASUMA

Event - July 2011

羊毛とおはな cafe tour 2011のお知らせ

2011.07.13
null
さて!8月末は今年も羊毛とおはなさんの登場です。
ゆったりとぜひ楽しみに来てください!

『羊毛とおはな cafe tour 2011』
日時:2011/8/31(水)
場所:flowing KARASUMA
時間:OPEN 18:30 / START 19:30
出演:羊毛とおはな
料金:前)¥3000、当)¥3500(共にドリンク別途)

ご予約・お問い合わせ
flowing KARASUMA
TEL:075-257-1451/E-mail:info@flowing.co.jp
※ただいまお席が満席のため、立見でのご案内とさせていただいております。

※前売りメール予約(当日精算)
  お名前(フリガナ)、ご予約人数、メールアドレス、電話番号を必ず明記の上、送信ください。
※前売り電話予約・問い合わせ
  075-257-1451(flowing KARASUMA)

■プロフィール
富山出身の千葉はな(Vo)と静岡出身の市川和則(Gt)による
アコースティックデュオ。
2004年の結成以来、カフェなどを中心にライブ活動を展開。その存在は
音楽業界だけに止まらず各方面から注目を集めている。
最近では"NTT docomo" TV-CMソングやイチロー出演の"ENEOS"TV-
CMソングなどが一躍話題に。
2010年8月には大好評シリーズ4作目「LIVE IN LIVING
'10」をリリース!!!
http://www.youmoutoohana.com/

『Act For Japan』 東日本大震災チャリティーイベント カルマ・ヨガ

2011.07.12
null

真夏にチャリティーイベントを行います。
flowing2Fで毎週水曜、日曜ヨガレッスンを行ってくださっている
インストラクターのマーク・シュヴェイマさんの呼びかけで
Act For Japan:東北太平洋沖義援興行 カルマ・ヨガ』が開催されることが決定。
ぜひ、ご参加ください。

『Act For Japan』 東日本大震災チャリティーイベント カルマ・ヨガ

●日程
8月20日(土) & 21日(日)  9:30-16:30/17:45
●場所
flowing KARASUMA

---------
二日間におよぶインスピレーションに溢れた授業と、
一夜の穏やかな和らぎの音楽の夕べを一緒に楽しみましょう。
すべては三月の震災や住居や愛する大切な人、生計を立てる手段を失った人を、
そして現在も収束がみられない福島第一原発の放射線によって影響を受けている人達を
援助するために義援金を募るために開催します。    -PROJECT akasha-

ここで集まったお金はそのまま100%を義援金として寄付します。

各日ともハタ・ヨガの授業を三クラスずつ開催します。
二人の先生が一組になって、一クラスを教えていきます。

-スケジュール-
■8月20日 (土)
9:30-10:00 ~ シャンティ・マントラ
10:30-12:00 ~ Tomoko (大阪) & 三夏 Chang (東京)
12:30-14:00 ~ 三木 陽子 (神戸) & noriko (大阪)
14:30-16:00 ~ Mark (京都) & nao (岡山)
16:00-16:30 ~ シャンティ・マントラ
17:00-17:45 ~ ガムラン・コンサートwith 西田有里と仲間達

■8月21日 (日)
9:30-10:00 ~ シャンティ・マントラ
10:30-12:00 ~ 三木 陽子 (神戸) & nao (岡山)
12:30-14:00 ~ Tomoko (大阪) & 三夏 Chang (東京)
14:30-16:00 ~ Mark (京都) & Maki (大阪)
16:00-16:30 ~ シャンティ・マントラ

※シャンティ・マントラのクラスは、参加者に向けた無料のクラスです。
マークが担当します。よかったら朝夕ともに参加くださっても結構です。
このクラスに限り予約は不要です。

土曜日の夕方17:00-17:45には、西田有里さん率いる4人ぐらいで編成されたグループが素敵なインドネシアのガムランの演奏をしてくれます。コンサートは一般公開しますので、コンサートのみ参加することが可能です。有里さんは今年の秋に再びインドネシアに戻るそうです。

●参加費
1クラス ¥3,000/ 2クラス ¥5,000  ※2日間にまたいで受講してもOKです。
コンサート参加費:¥1,000
※参加費は参加するクラスの前に当日会場で集めます。

●ご予約&問合せ
プロジェクト・アカーシャ <project.akasha@gmail.com> 

※予約の際には、1.お名前2.ご連絡先 3.希望するクラス/コンサートを記載してください。
予約を受付次第、こちらから確認のメールを送ります。7月には参加に際する詳細を
説明したメールを参加者にお送りさせていただく予定です。

※実際にクラスに参加できない場合でも、募金を希望される方は、
上記のEメールアドレスまでご連絡ください。

当日みなさんにお会いできるのを楽しみにしています!

マーク・シュヴェイマ
http://www.markshveima.com/

紙ものまつりが、京都にやってくる!

2011.07.11
null
さて!待ちに待っていたイベントがついにやってきます!!
手紙舎さんの「紙ものまつり 」が福岡アルバス写真ラボさんに続いて京都に!
素敵な紙ものがずらりと揃いますよ!うきうきしながらお買い物できること間違いなし。
そして、それだけではありません!
文筆家・甲斐みのりさんによるトークショー、デザインユニット「あちらべ」さんによる活版ワークショップなどイベントも盛りだくさん、さらに!!!
なんと写真家・寺澤太郎さんによる「肖像写真館」も京都に旅してきてくださいます。
もみじ市で体験できなかった!という方!京都にきますよ!!!
さぁ!どれもこれも見逃せない盛りだくさんな3デイズ!お楽しみに!
※盛りだくさんなだけに、イベント情報がめちゃくちゃ長いですがどうぞお見逃しなく!

『紙ものまつり in 京都』

●日程
7月22日(金)〜7月24日(日)

●開催時間
7月22日(金)→11:30〜18:00
7月23日(土)、24日(日)11:30〜17:00

●会場
flowing KARASUMA
TEL. 075-257-1451

-----------------------------------------------
◎よりすぐりの紙もの雑貨が大集合!
イラストレーターやデザイナーが自主制作した、めったに出合えない包装紙やレターセット、紙袋、ポストカード類や、人気雑貨メーカーによるマスキングテープ、手帳、ノートなど、あらゆる紙もの雑貨がごっそり大集合!

◎素敵なリトルプレス大集合!
制作者の思いがぎゅっと詰まった素敵なリトルプレスが、200種類集まります!

◎写真家・寺澤太郎の「肖像写真館」が京都に!
もみじ市でおなじみ、「寺澤太郎の肖像写真館」が2日間だけ京都に出没します!ハリウッドで活躍する俳優や、メジャー雑誌の写真を撮影している第一線の写真家が、あなたの大切な瞬間を切り取ります。

【肖像写真館】
撮影料金:1カット¥12,000-  2カット目以降 ¥8,000-
(送料別)
サイズ:六つ切り(203mm×254mm)プリント、ブックマット付。出来上がりの写真はモノクロです。ブローニーサイズという通常よりも大きなフィルムで撮影します。撮影されたフィルムは今では数少なくなってしまったモノクロ専門のラボで現像され、プリントは寺澤さんご本人の暗室でご本人が行います。

お届け:仕上げは、そのまま額装にもできる白のブックマットを付けてご自宅にお送りします。お届けには1ヵ月ほどお時間をいただいています。

開催日時:7月23日(土)24日(日) 11:40〜17:00。20分ごとに1組の撮影を行います。
ご予約方法:お申し込みは、件名を「京都 寺澤太郎肖像写真館申し込み」として、ご希望の日時を第2希望までと、お名前・お電話番号・メールアドレスを明記の上、otegami@tegamisha.comへメールでご連絡ください。先着順にて、ご予約を受け付けます。

◎フードデリバラーsouffle×イラストレーター石坂しづかのスペシャルおやつが登場!
「flowing KARASUMA」のキッチンスタッフであり、ケータリングなどを行うsouffle・田中沙由理さんのおやつと、「食堂かたつむり」などの書籍の装丁や雑誌のイラストなどで活躍中のイラストレーター・石坂しづかさんによる紙ものパッケージのコラボレーション!

◎キャンドル作家・nuri×デザイン集団ARFによる「空想蝋燭店」
nuriさんから、直接お言葉をいただきました!

ろうそくを紙という媒体と融合させて新しい世界を広げていきたい! と思いました。

「空想蝋燭店」は、物語の中に存在するお店です。店主は注文の多いお客様のご要望にお答えし、様々な蝋燭を作り上げます。

今回作ったのは、「星の地図」。漆黒の蝋で作りました。それを、骨董市で見つけてきた古い缶の中に入れました。間の中には短編も同封したので、蝋燭をともしながら一緒に読んでいただけたらと思います。もうひとつ作ったのは、色のパズルのような蝋燭。それを、小さな箱の中に詰め込んでみました。どちらの蝋燭にも空想蝋燭店のマッチをセットでおつけします。

私の頭の中の「空想蝋燭店」のイメージを、より具体的に強いビジュアルとして表現してくれたのは京都で活躍されるデザイン集団「ARF」(アルフ)。マッチ箱、パッケージ、物語…蝋燭以外の全てをおまかせしました。

楽しみながら作り上げていく世界、今後もひっそりと「空想蝋燭店」の物語は続いていきます。

◎古書コショコショpresents ガケ書房の「とっておき」たいチラシたち
コショコショさんから、直接お言葉をいただきました!

ガケ書房には毎日、本だけでなく、映画や演劇、音楽のライブや絵の展示会など、数々のチラシたちが届きます。ただそれらがぜんぶ誰かの元へと持ち帰られるわけではなく、また、そのチラシを持って来てくれた方々がみな回収に来てくれるわけでもなく、残念ながら残ってしまったチラシたちは、メモ用紙に使うなど、なるべく有効利用するのですが、それでも余ってしまったものたちは、処分してしまいます。

でも、「あー、これやっぱいいよなー」とか、「かっこいいデザインだなー」とか思ってしまったチラシたちは、個人的にコソコソっと取って置いたのです。なぜだかわからないけど。なんに使うかもわからないけど。どうしても捨てられなくて。

今回、「紙ものまつり in 京都」において、わたくし古書コショコショがストックしておいたこれらのチラシたちを、展示&リリース! 見るだけでなく、持って帰っていただこうという企画です。フリーなのでコソコソっとじゃなく、堂々と、どーぞ、どーぞ、お持ち帰りくださいねー。おこしやすー。

古書コショコショ」とは・・・
京都市左京区の本屋・ガケ書房で働くスタッフのウメコが、各地の市やカフェ、ライブ会場などで出張販売する古本屋さん。乙女系と巫女系に強いラインナップ☆ガケ書房店内にも常設コーナーあり。

《トークショー》
●文筆家・甲斐みのり×手紙社・北島勲トークショー「紙ものづくり、本づくりの楽しみ」
文筆家であり、独自の雑貨ブランド「Loule」を立ち上げ、さまざまな作家さんとのコラボレーションによるアイテムを作り続ける甲斐さんと、全国の紙もの雑貨を集め、オリジナルの制作も手がける手紙社の北島が、これまでの制作秘話や、紙もの雑貨や本づくりの魅力をお話します。

日時:7月22日(金) 19:30〜21:00
費用:1500円+1drinkオーダー(小さなおみやげ付き)
定員:30名(事前お申し込み制)
応募方法:お申し込みは件名を「京都 甲斐みのりトークショー申し込み」として、お申し込み人数・お名前・お電話番号・メールアドレスを明記の上、otegami@tegamisha.comへメールでご連絡ください

●トークショー「もみじ市の作り方、手紙社の作り方」
東京都調布市の多摩川河川敷で行われているもみじ市は、2日間で3万人の来場者を集める、日本最大級のものづくりイベント。主催をする手紙社の北島とわたなべと、増田千夏が開催のきっかけや運営の苦労話、内緒話などを、スライドショーを交えながらたっぷりお話しします。

日時:7月23日(土) 19:00〜20:30
費用:1500円+費用:1500円+1drinkオーダー(小さなおみやげ付き)
定員:30名(事前お申し込み制)
応募方法:お申し込みは件名を「京都 もみじ市トークショー申し込み」として、お申し込み人数・お名前・お電話番号・メールアドレスを明記の上、otegami@tegamisha.comへメールでご連絡ください

《ワークショップ》
● 「あちらべ」の活版ワークショップ
デザインユニット「あちらべ」のお二人による活版印刷のワークショップです。今回は亜鉛凸版による組版と印刷を体験していただきます。様々な表情を持つ活版印刷の魅力に是非触れてみてください!

日時:7 月22 日(金)、23 日(土)、24 日(日)
①12:00~14:00 ②14:30~16:30
費用:3000 円(鉛活字のおみやげ付き)
定員:各回6名(事前お申し込み制)
応募方法:件名を「京都 活版ワークショップ申し込み」とし、ご希望の日時、人数・お名前・お電話番号・メールアドレスを明記の上、otegami@tegamisha.comへメールでご連絡ください

●ワークショップ「世界に一冊の『旅するカフェブック』をつくろう!」
1. 「京都のお気に入りのお店」(カフェに限らずパン屋さんやレストランなど)というテーマで、あなたが撮影した写真をプリントして持って来て下さい。

2. その写真と、文章(その場で好きな紙に書いてもらいます)を、A3程度の紙にレイアウト(コラージュ)します。手紙社のスタッフは、みなさんの写真選びや文章の調整など、編集のお手伝いをします。また、紙ものまつりの商品でもある、マスキングテープやシール、カード、さまざまな質感の紙をご用意しますので、お好きに使っていただきます。あなたが持って来た雑誌の切り抜きや、ショップカードなどをコラージュしてもOK!

3. レイアウトができたら、参加者全員分のそれを集め、簡易製本して一冊にまとめます。表紙と奥付をデザインし、「カフェブック京都版」が完成です。世界で一冊の本は、紙ものまつりの巡回にあわせて、次の場所へと移動し、全国を旅します。巡回が終了したら、他の都市のカフェブックと合わせて、京都(flowing karasuma)に期間限定で戻り、展示されます。

4. あなたが作ったページはスキャンして、後日データでお届けします。

日時:7月24日(日) 14:00〜16:30
費用:2000円(材料費込み)
定員:10名(事前お申し込み制)
応募方法:お申し込みは件名を「京都 カフェブック申し込み」として、お申し込み人数・お名前・お電話番号・メールアドレスを明記の上、otegami@tegamisha.comへメールでご連絡ください。

7月のodette flower lessonのお知らせ

2011.07.08
null
COCON KARASUMA1Fにある、フラワーショップ『odette』さんのフラワーレッスン。
今月のテーマは、『ヒマワリとカラーリーフ』。
ひまわりに個性的な葉物や旬のベリーをあわせ、
オデットテイストをきかせたアレンジメントをつくります。
どうぞお楽しみに!

odette flower lesson

テーマ 『ヒマワリとカラーリーフ』

●日程
7/18(月) 15:30~17:00
7/21(木) 18:30~20:00
7/30(土) 13:30~15:00 16:30~18:00

●場所
flowing KARASUMA(フローイング カラスマ)

●参加費
6,000円(税込) ワンドリンク付

●ご予約・お問い合わせ
odette(オデット)
TEL:075-353-4687 / FAX:075-353-4689
http://odette-flower.com
flowingのメールでもご予約受付中です。
info@flowing.co.jp

※画像はイメージです。

odette ブログ
http://www.odette-flower.com/cp-bin/blog/index.php

Marie × Marie 展 のお知らせ

2011.07.01
null
祇園祭真っ只中、素敵な展示販売会を開催いたします。
ふたりのまりえさんによるアクセサリーの展示販売会、その名も『Marie × Marie 展』。

岡野真理絵さんの陶器アクセサリーブランド『arie:chroma』と
中村麻里絵さんのレザーに手刺繍のアクセサリー『codomical』のお二人が
元金庫のスペースのexhibition spaceにて、とっておきの1週間を届けてくださいます。
どうぞお楽しみに!!

『Marie × Marie 展』

●日時
2011年7月12日(火)-7月18日(日) 12:00~20:00(1日延長となりました!)

●場所
flowing KARASUMA 1F exhibition space
※exhibition spaceのみ観覧も可能ですので、
ぜひカフェをご利用でない方でも、お気軽にお越しくださいませ。

●プロフィール
「arie:chroma」- アリエ・クロマ -
陶磁器を素材とし、デザインから成形まで全てを手作業で制作されるアクセサリー。“GARDEN-庭”がテーマのアイテムの数々は、発色のよい釉薬を使用して作られ、精密画のように再現される。今回はストライプやドット柄のシルクスクリーンを用いた新作に加え、花や蝶
ジュエリーシリーズなどの定番モチーフを取り揃えてお待ちしております。

「codomical」- コドミカル -
ミシンを一切使用せず、ひと針ひと針レザーに手刺繍を施した全て一点もののアクセサリー。コドミカルとは“子供みたいでコミカルな”という意味の造語。
おもちゃみたいなお菓子みたいなポップな色合いで、身に付けているとわくわくするようなアクセサリーをあなたに。夏らしい
ペナントモチーフの新作や、ユニセックスな定番アイテムなどもご用意しております。

◇岡野真理絵プロフィール◇
1984京都生まれ。京都市立銅駝美術工芸高校ファッションアート科卒業後、京都精華大学では陶芸を専攻。在学中に「arie:chroma」を立ち上げるが就職を期に活動休止。ジュエリーデザイン、販売勤務などを経て2010年 約3年ぶりに作家活動を再開させ現在に至る。

◇中村麻里絵プロフィール◇
1986京都生まれ。京都市立銅駝美術工芸高校デザイン科卒業後、京都精華大学では版画を専攻。在学中に「codomical」をスタート。卒業後は裁縫用品店に勤務しながら制作活動を続ける。翌年退社後、セレクトショップでの販売開始や、他に絵描きとしての活動などをしており、現在に至る。

20110702-mariemarie_zenkai.jpg